21時からNHK-BS
シャーロック・ホームズの冒険(7)
「青い紅玉」

この映像見るといつもガチョウってでかいなとか思う

この帽子からの推理も昔からマニアに色々批判されているが、持ち主の知性という点は19世紀当時、大きな頭は大きな頭脳、大きな頭脳は大きな知性と、広く考えられていたという時代背景がある。

そういえばシチュエーションは違うけど、帽子に残っていた散髪後の髪というのは、コロンボでも似たような話があった。

河出文庫の「シャーロック・ホームズ ガス燈に浮かぶその生涯」によると、当時の1ポンドは現在の12,000円程度と換算している。

今確認すると1ポンド12,000円、1シリング600円、1ペニー50円となっていて、1ポンド=20シリング=240ペンスとのこと

冤罪のホーナーが釈放されるラストは原作では描かれなかった。このドラマオリジナルの描写。

原題は、The Adventure of the Blue Carbuncle
Carbuncleは丸く加工されたザクロ石でガーネットと呼ばれることがある。そのため一部の訳本では「青いガーネット」になっているものもある。

なおガーネットには赤や黄色、紫、緑等々があるが、青色のものは見つかっていないらしい。
そのためこの石の正体については、青みがかったダイヤとか、サファイヤだとか色々と考察されている。(アニメの名探偵ホームズだと「青いルビー」だったが、これだとサファイヤ説だろうか)。

Follow

@plinius 私は、原作のほうもずっと「ルビー」だと思ってましたが、それはアニメ版だったのか(むしろこちらから入ったので好きです)⁈

@kbys5884 実は原作だとcarbuncleで一貫していて、ルビーとは言ってなかったんですよね。(私もアニメ版は好きです!)

Sign in to participate in the conversation
Mastodon

試される大地 北海道のMastodonです。